かもしかや

山形のこだわり日本酒とワインの専門店|かもしかや通販サイト

■注目キーワード山形正宗 ・ とろとろ梅酒 出羽桜 ・ 山川光男 裏雅山流 香華雪漫々 小嶋屋 ・ 楯野川 純米大吟醸

 
■お知らせ: まとめ買いも!クール便混在時でも! 何本買っても1本分の送料 でお届けします※クール便 + 216円のみ加算
 
                         新規会員登録」で100ポイントプレゼント!会員様の購入時にはポイントバック


 

商品カテゴリ

銘柄から探す

かもしかだより(ブログ)

かもしかだよりはこちらから

お薦め商品の紹介から、希少商品の入荷告知など!
白布温泉の風をおとどけします!
 

かもしかやLINE@

 

お買い物ガイド

かもしかやのご紹介

メルマガ登録はこちら

 

HOME»  日本酒»  吾有事(わがうじ) 純米大吟醸 亀の尾 720ml

吾有事(わがうじ) 純米大吟醸 亀の尾 720ml

吾有事(わがうじ) 純米大吟醸 亀の尾

「吾有事(わがうじ)」 純米大吟醸 亀の尾


 
幻の米「亀の尾」を全量無農薬・無化学肥料の有機栽培米を50%まで精米し
丹念を込めて仕込まれた限定酒です。

約半年間の熟成で、上槽直後の粗さや硬さが取れ、口当たりがまろやかに
亀の尾らしいきりっとした綺麗な味わいに仕上がりました。

香ばしさを感じる少々の熟成香の後にメロンのような含み香が口の中に広がる逸品です。



 
縦の川酒造が 若手酒造軍団の狼煙を立ち上げました! その名は「吾有事」(わがうじ)

製造責任者 阿部龍弥さん(26歳)  販売責任者 北山幸輝さん(26歳) と若手が新しいブランドに挑戦します。
勿論総括は、楯野川・楯の川酒造蔵元、佐藤淳平さん。

旧奥羽自慢から引き継いだ歴史伝統の上に、今迄の既成概念にとらわれない新しい発想と若い力から生れる「吾有事」。
躍動感あるお酒を是非あなたにもお召し上がりいただいです。

吾有事は「純米・純米吟醸・純米大吟醸」のみを醸す純米蔵。山形県産米に拘る地酒です。

目指す酒質は
 ・綺麗で上品な旨味のある味わい
 ・全量手造り 総米750Kg以下の小仕込み
 ・わかりやすい酒質

【扱いは全国35店舗のみの限定販売】 

  • 吾有事(わがうじ) 純米大吟醸 亀の尾 720ml

  • JANコード

    4517688180413

  • 販売価格

    2,700円(税込)

  • ポイント還元5%
  • 購入数

カートに入れる(大)





  • 吾有事(わがうじ) 純米大吟醸 亀の尾    



     






    吾有事(わがうじ)
          純米大吟醸 亀の尾 720ml

    原料米  :山形県産亀の尾100%
            無農薬・無化学肥料栽培
    精米歩合 :50%
    アルコール:15%
    日本酒度 :-4
    酸 度   :1.4
    アミノ酸度 :0.6
            火入れ・原酒・カートン付

    製造蔵:奥羽自慢(山形県鶴岡市)

     
    【おすすめの飲み方】 
       冷 酒(5℃) ◎
        常 温(15~25℃) 〇
       ぬる燗(40℃)〇
       熱 燗(50℃)◎
     

     
     
    【味わい】   
    約半年間の熟成で、上槽直後の粗さや硬さが取れ、
    口当たりがまろやかに亀の尾らしいきりっとした
    綺麗な味わいに仕上がりました。
    香ばしさを感じる少々の熟成香の後にメロンのような
    含み香が口の中に広がる逸品です。


    冷もおすすめですが、
    円熟味を増した味わいは熱燗にすると
    より一層旨味が感じられます。
     

     

     
     
  • 吾有事(わがうじ) 純米大吟醸 亀の尾

     

    吾有事(わがうじ) 純米大吟醸 亀の尾

     

    吾有事(わがうじ) 純米大吟醸 亀の尾吾有事(わがうじ) 純米大吟醸 亀の尾




    吾有事(わがうじ) 純米大吟醸 亀の尾

    『吾有事』 シリーズ

    吾有事の「吾」の文字を狼煙に見立てた ラベル、ロゴマークです。

    若さや強さ・荒々しさ・ダイナミックさも表しています。
    このシンボルマークには蔵があります鶴岡の土地から満を期して、
    「反撃の狼煙(のろし)を上げる」という意味合いも込めているそうです。
     
    頑張れ!吾有事 若き蔵人たち
     

    吾有事(わがうじ) とは、 曹洞宗の開祖 道元禅師のお言葉。 自分の「存在」と「時間」との一体感を表す意味。
    酒造りにおいては、経過する時間や自分の存在を忘れるくらい没頭して造った酒という意味合いを込めて命名されました。

     

     

関連商品